AJWRCオフィシャルサイトからはみ出してしまうニュース、事務局の日常、イベント、などなど。
プロフィール

ajwrcmembers

Author:ajwrcmembers
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

Amazon アフィリエイト

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか
(2012/09/11)
柘植 あづみ

商品詳細を見る
 柘植は「生殖技術」を批判的に捉えるだけでなく、それを成立させている社会・文化的側面に着目している。その柱に、制度とも文化とも捉えられる「医療/技術」を据え、その影響性、志向性に注意深く目配りをしながら論考を重ねている。本書はそれらを凝縮した一冊と言える。「生殖技術」に関してフェミニストを中心に数多くの疑問が投げかけられ続けている。その一方で一貫して「科学」と「技術」の最前線・最先端で有り続けている。他方で、技術を受ける/受けたい人々は、どちらにも踏み込めない状況に置かれている。
本書は「生殖技術」について、立場を同じくする人々の中でも、微妙なグラデーションがある事を指摘しながら、置かれている環境・社会構造・気持ちの構造を巧みに描き出している。その結果「いったん可能になった技術は、多くの場合に、文化・社会との摩擦や衝突も時間とともに薄れ、人はその新しい技術に慣れ、それを受け入れてきた」ことを指摘している。そして「この社会は、治療が難しい病気や障碍をもつ人が人間らしく生きるという希望を、治す希望へとすり替え」ていることに触れ、医療や技術に絶対的な「信頼」と依存とも言える状態についての再考を投げかけている。(永山聡子)
スポンサーサイト
<< [Monthly AJWRC] AJWRCメルマガ第67号 // ホーム // 01/25のツイートまとめ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://ajwrc.blog102.fc2.com/tb.php/415-38c0e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。